施工管理
施工管理

施工管理

お客様の想いをカタチにする!

施工管理とは

宅地造成・住宅建築の2つからなり、
現場監督として工事がスムーズに進むよう工程管理をします。

  • 土木
    分譲住宅用に仕入れた土地を住宅が建築出来るように土地利用計画及び宅地造成計画をし各専門協力業者と共に宅地を完成させていく業務を担っています。
    土地仕入れ時に概略の土地利用計画・造成計画及び工事費を算出し、
    土地仕入れ後に具合的な土地利用計画・宅地造成計画を協力業者の設計会社と共に計画をし必要に応じて各関係機関へ許認可申請を行います。
    宅地造成工事の準備が整えば各協力業者へ依頼し安全・施工・工程・品質・原価の管理・近隣対応を行い宅地を完成させていきます。
  • 建築
    関連業者・職人さんと協力しながら木造住宅の建築工事を進めて行きます。
    現場の監督となり、スケジュール通りに工事が進んでいるかの確認や、作業中の職人さんへ設計図面をもとに、各工種における仕上げ方や細かな納まりの内容を説明し、各種工程内検査を行い、工事がスムーズに進むように工事工程の管理を行います。
    お客様の想いが反映された住宅を完成するため、図面を作成した設計士と綿密な打合せを行いながら建築工事を進めていきます。
  • 購買積算
    設計図書の情報から必要数量を拾い出し、既定の単価を用いて
    建物を建てるのに必要な工賃・材料費の金額を算出します。
    製品の「価値」や「機能」を高め「コスト」を削減する提案を行い、
    工期短縮に取り組みます。

これからの目標

アナログからITへ新たな現場管理を実現し精度を上げ、
お客様に喜ばれる住宅を提供する!

Living Together With Homes
30年で9,000戸以上の新築実績
京都府で13年連続No.1
トップへ