Recruit site

ブログ

Blog

面接のときに

こんにちは。
エルハウジング総務部の寺川です。
本日のブログは「面接のときに」というタイトルで、
「面接のときに意識してほしいこと」
をお話しさせていただきます。
とはいうものの、私も3年前までは学生でしたので、
偉そうに語れる立場ではないのですが・・・
面接に同席したときに感じたことや、自分の就職活動を
振り返って、社会人となった今思うことを、学生さんにまだ
比較的近い(自分ではそう思っています!)立場の私から
お話しいたします。
1.「学生時代に力を入れて取り組んだこと」をしっかり深堀りする
志望動機と同じくらいよく聞かれる質問だと思います。
私たちは、何に取り組んだかを知りたいというよりは、
・どういう取り組み方をしたか
・なぜそれを選んだか
・つまづいた時にどう乗り越えたか
といった、取り組む姿勢について知りたいと思っています。
2.明るく元気に受け答えをする
当たり前のことかもしれません。でも、緊張するとどうしても
堅くなってしまいがちです。
明るく元気に声を張り上げて!
というわけではありませんが、
しっかり目線を上げて、ハキハキと受け答えをしていれば、
明るい印象は持ってもらえると思います。
前髪を分けて表情がわかりやすい髪形にする等、
見た目から印象づけることもできるのではないでしょうか。
3.受ける会社をしっかり調べる
いくつも面接を受けないといけないのに、1つの企業ばかり調べてられない!
という方もいらっしゃると思いますが、HP等で情報収集が
しやすくなった現代ですので、そこはやはり面接の前にしっかり調べてほしいな、と思います。
HPをしっかり見てもらったらきっとわかることなのにな・・・
という惜しい思いをすることがあるのです。
あとは、面接の最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれることが
あると思いますが、その際何か一つでも質問してもらえると、
「お!関心を持ってもらえてるな~」と思ってもらえるようですよ。
少なくとも弊社では、ですが。
長々と書きましたが、あくまでも一意見ですので、そこはご了承ください。
綺麗ごとを述べるより、たとえつまったとしても自分の言葉で一生懸命
お話しされるほうがきっと心に響くはずです。面接官も人間なので。
応援してます!
頑張ってください(^^)ノ
Page Top